1. 2011年度通常総会、成立しました

    2011-06-25

    2011年度通常総会

    2011年度通常総会は6/25(土)17:00より開催されました。20名の参加(うち、8名議長委任)で成立し、議案3件、それぞれ承認されました。

    • 2010年度活動報告
    • 2011年度活動計画
    • 2011年度役員 (任期、二年間。これまでの役員を再任)
    read more
  2. FOSS Asia 2010

    2010-11-08

    ホーチミンで開催される FOSS Asia に FSIJ から g新部が参加して、Gnuk の発表を行い、Debian 関係者と討議します。

    日本からは矢吹さんも参加します。

    read more
  3. FSIJ はOpen Inventionnetworkに加盟しました

    2010-08-18

    FSIJ はこのたび Open Invention Network: http://www.openinventionnetwork.com/ へ加盟しました。

    ソフトウェア特許は自由ソフトウェアだけでなくソフトウェア一般にとって、やっかいな問題の一つです。この問題は日本国内だけにとどまらずグローバルな問題です。

    参考情報

    これまで自由ソフトウェア運動はソフトウェア特許の問題に対して闘ってきています。 これまでの取り組みのなかから重要なものを下記に示しますので参考にしてください。

    o League for Programming Freedom: http://progfree.org/

    o Foundation for a Free Information Infrastructure: http://www.ffii.org/

    o End Software Patents (FSF の活動): http://en.swpat.org/

    read more
  4. 仮名漢字変換ライブラリ Anthy

    2010-06-29

    2010年度から FSIJ は仮名漢字変換ライブラリ Anthy の開発を進めます。

    FSIJ によるこれまでのサポート

    これまで FSIJ は、未踏ソフトウェア創造事業、CodeFest (日本国内、海外), Google 夏休みコード道場、および Google SoC を通じて間接的に関わり、 Anthy の開発をサポートして来ました。

    2010年度からのサポート

    既に始めていますが、FSIJ は、Anthy の開発について、開発の主体となることを含めて、推進していきます。

    新しく FSIJ の活動により書かれた code は FSIJ が著作権を持ち、自由ソフトウェアとして配布されます。加えて、希望者がいれば、FSIJ は開発貢献者からの著作権の譲渡を受け付けます。

    カンファレンスなどの旅費、開発に必要な機器について FSIJ の費用負担を予算として用意します。

    自由ソフトウェアの活動として、著作権について FSIJ で体制を整えます …

    read more

« Page 2 / 3 »