Other articles


  1. 11月の技術講座

    2018-11-21

    テーマ: FST-01SZ

    開催日時 2018年11月28日(水曜日) 17:30 〜 18:30

    場所:秋葉原

    概要

    GnukとNeuGを動かすための自由なハードウェア設計による参照ハードウェア FST-01SZができました。 2011年の設計のFST-01, 2016年の更新したFST-01Gに続いて、今年は大幅な改訂を行いました。

    SZはShenZhenの略です。このたびの改訂で用いることになった中国製の部品(GD32F103TBとZL-272)を採用するに至った、今やハードウェア設計には必須の都市、深圳、への敬愛を表現しています。

    GD32F103TBはSTM32F103TBとピンコンパチブルで、オリジナルの72MHzに対し、108MHzで動きます。オリジナルのSTM32F103のプロテクションに対する攻撃の可能性が高くなった(リバースエンジニアリング会社のサービスメニューに載るようになった)昨今、ひとつの対応策として採用しました。

    ZL-272は中国国内のデファクトスタンダードといえるUSBメモリのためのコネクタです。USB Aコネクタをすり替えて中にchipを埋め込む chip in the middle攻撃の現実性が高くなった(USB Aのコネクタ自身よりも小さいデバイスが比較的簡単に製造できるようになった)昨今、ひとつの対応策として採用しました。

    話題提供

    g新部 裕

    read more
  2. 3月の技術講座

    2018-03-02

    テーマ: sigrok を使って USB full speed の通信を観察する

    開催日時 2018年03月16日(金曜日) 18:30 〜 19:30

    場所:東京体育館第四会議室

    概要

    sigrok は電気信号を取得して表示するソフトウェア(群)です。PCで、ロジックアナライザ、オシロスコープの機能を提供します。

    入力のインターフェースのいろいろな機器がサポートされていますが、近年では機器側にメモリを持って、いったん保持した情報をPC側に渡すのではなく、十分に速いバスを使って連続で情報を流す方式が便利につかえるようです。

    libsigrokSR_CONF_CONTINUOUS で検索すると該当の機器が判別できます。

    このたび、 SR_CONF_CONTINUOUS をサポートする以下の二点の機器を入手して使ってみました。

    • Hantek 6022BL
    • Saleae Logic 16 クローン

    それぞれUSD85, USD45 程度でした。

    前者はアナログ入力でオシロスコープとデジタル入力でロジックアナライザとボタンで切り替えて使えます。後者はデジタル入力でロジックアナライザです。

    入手してから分かりましたが、これらの機器は機器のファームウェアが binary blob …

    read more
  3. 2月の技術講座

    2017-12-22

    テーマ: ArduPilot on PC with remote sensor/actuators

    開催日時 2018年02月23日(金曜日) 18:30 〜 19:30

    場所:東京体育館第四会議室

    概要

    リモートセンサ/アクチュエータという考え方は古典的ですがあまり細かい制御はできないイメージがあります。 はたしてそんな方式でドローンのようなものが飛ぶことができるものでしょうか?

    リモート側にESP32を使った小さな機体とPCで走らせたArduPilotとで実際に試してみます。

    実演に2.4GHz帯を使うので会場の電波環境が心配です。

    話題提供

    小島 一元

    read more
  4. 7月の技術講座

    2017-06-22

    テーマ: LibrePlanet 2017とセキュアなメッセージング標準xmppのお話

    開催日時 2017年7月1日(土曜日)18:30 ~ 19:30

    場所:東京体育館第四会議室

    概要

    2017年3月にMITを会場に開催されたLibrePlanet2017への参加報告と、その関連イベントで話題となったセキュアなメッセージング標準xmppについてお話します。LibrePlanetはFree Software Foundationがホストしているカンファレンスで毎年3月にボストンで開催されています。セッションのビデオはサイトで閲覧することが可能ですが、それではわからない会場の雰囲気を中心にお伝えします。

    また開催前日にBocoup社のオフィスビルで行われた関連イベントPersonal Privacy and Security skillshareで話題として取り上げられたxmpp(jabber)について自由なメッセージング・システムとしての観点から議論したいと思います。

    話題提供

    • 鈴木裕信
    read more

Page 1 / 17 »